takky1613

記事一覧(4)

第14回『愛媛県立三瓶高等学校編』

みなさんこんにちは!NPO法人 NEXT CONEXION学生スタッフの伊藤です!今回は選挙啓発CARAVAN14校目の三瓶高校編です!選挙啓発CARAVANのスタッフとして一緒に活動している川口智寛くんが同行してくれました!川口くん、自己紹介をよろしくお願いします。 
川口「はい。愛媛大学教育学部3回生の川口と申します。好きな食べ物はお母さんの作ってくれた味噌汁です。」
伊藤「いいですね!ちなみに好きな芸能人とかいるんですか?」
川口「阿部寛さんです!〇〇なところが素敵ですね。」
伊藤「アツいですね(笑)ところで今回がCARAVANの初参加だったみたいですが、参加してくれた理由を教えていただけますか?」
川口「はい。大学の授業の一環で、昨年若者リーダーフォーラムというイベントに参加して、越智さんのワークショップを経験してからというもの、主権者教育に興味を持っていました。大学でも自分なりに研究していこうかなと思っていた最中、アルバイト先からキャラバンの学生募集の話を伺い、参加するしかない!と思いました。」
伊藤「代表の授業がきっかけだったのですね!1年越しにこうやってお会いできるのも、すごい縁だなぁ(笑)そしてCARAVANに実際に行ってみてどうでしたか?」
川口「そうですね、選挙教育と聞くと、一見教える立場と教えられる立場があるようにも思われがちですが、『生徒さんたちからたくさんのことを学ばせていただけた』というのが正直な感想です。自分は学校の教員を目指して勉強しているのですが、学びの形は1つじゃなくて、それらをどのように選択し実を結ばせていくか、もっと考える必要があると考えさせられた1日でした。」
伊藤「一緒に選挙のことについて学ぶのももちろんですが、教員志望の人には実際に高校で授業させてもらえるのもCARAVANの特徴かもしれませんね!今回川口くんが参加した三瓶高校でのCARAVANに対する生徒さんの反応はどうだったんですか?」
川口「今回のキャラバン、生徒さんたちの反応がとても良かったのは初めてキャラバンに参加する私でも分かりました。「意見を言ってくれる人!」と越智さんが声をかけると必ず手が挙がるところを見ていると、高校生時代の自分はこんなにもピュアだっただろうか…と少し恥ずかしくなるくらいでした。グループワークで進めたのですが、どの班を覗いても笑顔で話を聞かせてくれる素敵な高校でした。」
伊藤「今回の授業も大好評だったみたいですね!そして三瓶高校の皆さんのピュアさ…僕たちも見習いたいです(笑)最後に、この選挙啓発CARAVANのおすすめポイントを教えてください!」
川口「はい!一番はたくさんの生徒さんたちと学校教育という形で関わることが出来るところだと思います。教育学部に所属している私もこのキャラバンに所属していなければ、実習先の1、2校にお世話になってそれだけで大学生活を終わっていたかもしれません。より多くの生徒さんたちと関わることは自分自身の新しい見方、考え方にも繋がるのではないでしょうか!教育現場に携わりたいと考えている人には是非オススメしたい活動です!」
伊藤「教員志望の川口くんにとっては、選挙のこと以外にも学びの多いCARAVANになったんですね!川口くん、今日はありがとうございました!」
川口「ありがとうございました!」

CARAVANに参加してくださった三瓶高校の皆さん、ありがとうございました!

第12回『愛媛県立大洲高等学校 肱川分校編』

みなさんこんにちは!NPO法人 NEXT CONEXION学生スタッフの伊藤です!今回は、選挙啓発CARAVAN第12校目の大洲高校肱川分校編です!NEXT CONEXION学生スタッフの松木瑞歩さんが参加してくれました!松木さん、早速自己紹介をよろしくおねがいします!
松木「はい!NPO法人 NEXT CONEXIONの学生スタッフをしております、松木瑞歩と申します。愛媛県西条市出身で、趣味はカフェ巡りをすることです! 好きな芸能人は竹内涼真くん、福士蒼汰くん、有村架純ちゃん、などいわゆるミーハーです。(笑)」
伊藤「皆さん素敵な方ですからね、僕も好きです(笑)松木さんはCARAVANに参加するのは初めてですが、どうしてCARAVANに参加しようと思ったのですか?」 
松木「実際の授業に参加した理由は、自分自身選挙啓発に関われるほどの知識は全くないと思っていたので、この機会に自分も高校生と一緒に学んで行きたいと考えたからです。」
伊藤「なるほど!たしかにこのCARAVANの授業は高校生だけでなく、大学生も学びが多いですよね! 今回の大洲高校肱川分校の生徒さんの授業に対する反応はどうでしたか?」
松木「そうですね。例えば、『週末選挙に行きますか?』という投げかけに対して、私が『バイトで行けません。』と言うと、『そこは休んで行こうや!』などと選挙に対して前向きな考えの生徒が多いように感じました。
その他にも積極的に発言してくれる生徒が多かったことや先生もワークショップに参加していただけたことが印象的でした!」
伊藤「すごく積極的ですね(笑)多くの生徒や先生もワークショップに参加してくれることで、授業がより盛り上がりますよね!授業に参加してみて特にうれしかったことなどあれば聞かせてください。」
松木「授業の内容とは全く関係のないことではありましたが、授業後に生徒から『行ってみたい国韓国なんですね!私もです!』とわざわざ話しかけに来てくれたことが嬉しかったです!大洲は少し遠くてあまり行く機会もないので、キャラバンのおかげで素敵な出会いができました!参加して良かったです!」
伊藤「素敵な出会いですね! ありがとうございます!最後にCARAVANのおすすめポイントを教えてください。」
松木「おすすめポイントですか(笑)おすすめポイントは、啓発事業について自分も学べる!自分では行く機会のない地域に行くことが出来る!各高校の生徒や先生、県選管の方など、キャラバンでしか出会えない人と出会えてお話しできる!この3点が私のおすすめポイントです!」
伊藤「たくさんありますね(笑)ここでしかできない経験や出会いもCARAVANの魅力ですよね!松木さん、そして大洲高校肱川分校のみなさん!ありがとうございました!」 

第10回『愛媛県立伊予農業高校編』

みなさんこんにちは! NPO法人NEXTCONECXION学生スタッフの伊藤です!今回は選挙啓発CARAVAN第10校目の伊予農業高等学校編です!CARAVANスタッフの松崎さんとお邪魔してきました!まずは松崎さん、自己紹介をお願いします!松崎「こんにちは!愛媛大学1回生の松崎結希乃です!出身は愛媛県で、好きな食べ物はラーメン!! あと山田孝之さんが大好きです!」伊藤「こんな風に、松崎さん結構いいキャラしてます(笑)松崎さんはこのCARAVANをどうやって知ってくれたんですか?」松崎「バイト先の塾の教室長がこのCARAVANについて教えてくださり、そこから興味を持って参加してみたいとおもいました!」伊藤「結構行動派なんですね!実際行ってみてどうでしたか?」松崎「すごく楽しかったです! 機会があればまた行ってみたいなぁ。」伊藤「たしかに、伊予農業高校の生徒さんもすごく楽しそうに授業に参加してくれて、僕たちも楽しく授業ができました!個人的には、自分が高校時代にお世話になった先生に会うことができてとてもうれしかったですし、そのためか、初めてくる高校とは思えないほどのアットホームな雰囲気も最高でした!愛媛県出身の大学生にとってはお世話になった先生に再開できることもCARAVANの魅力だと思います!生徒さんの授業に対する反応もよかったですよね!」松崎「はい!普段の授業とは違って相互の学びを深めるワークショップ形式でしたし、大学生も参加する授業なので高校生にとっても新鮮な授業だったんだと思います!」伊藤「なるほど、普段と違う新鮮な授業形式なので、生徒さんも思ったより楽しく選挙について学べていると思います!松崎さん、今日は本当にありがとうございました!」松崎さん、そして伊予農業高校の生徒さんと先生方のみなさん、ありがとうございました!またどこかで会いましょう!

第8回『愛媛県立小田高等学校編』

みなさんこんにちは! NPO法人NEXTCONEXION学生スタッフの伊藤です!今回は選挙啓発CARAVAN第8校目の小田高校編です!NPO法人NEXTCONEXION学生スタッフの斎藤くんが参加してくれました!齋藤くんにお話を聞きたいと思います!

齋藤「よろしくおねがいします!」
伊藤「さて、今回の小田高校ですが、小田の町はどうでしたか?」
齋藤「緑が広がっていて、川がきれいでした! まるで自分の心が洗われるような神秘的な町でした…」
伊藤「いいですね~。 僕も行きたかったです! 次はCARAVANについてですが、今回の授業に対する生徒さんの反応はどうでしたか?」
齋藤「先生からは『おとなしい子たちの多い印象です』と伝えられ、ピンチか!?と思いながらスタート…。開始早々、自己紹介で越智さんにゴリラといじられたところで生徒と打ち解けられました。そこからは、ワークショップにも積極的に参加してくれて、自分から意見を言ってくれる子も出てきました。確かに、奥手な子たちが多い印象でしたが、打ち解けることによりどんどん自分たちの考えを表に出してくれました!」
伊藤「なるほど! つかみがうまくいったことが成功につながったわけですね(笑) 最後に、CARAVANのおすすめポイントを教えてください!」
齋藤「おすすめですか(笑) そうですね、CARAVANのおすすめポイントは様々な人と関われることです。今回の小田高校では、先生がとても積極的に多くのお話を聞かせてくれました。それこそ、先生から学校の特徴などを直接聞くことはなかなかできませんし、深くお話しすることもめったにありません。なので、とても貴重なお話を聞くことができましたし、何より新たな勉強となります。これからも、かかわりあえる人とのコミュニケーションを大切にしていきたいです。」
伊藤「CARAVANを通じてCARAVANでしかできない新たな出会いも素敵ですね。齋藤くん、今日はありがとうございました!」

小田高校の皆さん、素敵な出会いをありがとうございました!